買い取りを頼むのに必要なのは、奉仕の精神。

べ、別にキャンペーンに吊られたわけじゃないんだからね!
古本の大量買いで大いに凹んだ去年の年末。その古本達と入れ替わる形で本棚から放り出された書籍達の山を見て、年明けの処分を決意したあの日から早数週間……一連の手続きも終え、無事代金も受け取ったので、ここらで買い取りまでの流れをダラダラを書いていこうかと思い至りました。

まぁぶっちゃけ、売ったところで二束三文にしかならないわけですよ。
売り手から安く買い叩いておいて、そこそこの値段で売るのがブックオフ以下、新古書店の常套手段なわけですし。

本一冊につき10円程度(高価買取除く)ですからねー……。

しかもそれを売る時は最低でも100円で売るんですから、「ボロい商売だなぁ」とか思わないわけでもない。これに憤って「だったらゴミとして廃棄するよ!」という方もいるでしょうが、そこは個人の考え方の問題なので止めません。

損していると思って売るぐらいなら、素直にゴミとして処分するべき。地球には優しくないかもしれませんが、精神的にはスッキリします。

ただ我々は売り手であると同時に、買い手でもあるということを忘れてはいけないと思うのです。いつもお世話になっているのだし、ゴミとして処分するぐらいなら「ブックオフオンライン様、どうぞこれからもよしなに」という、お供え感覚で買い取りをお願いしてもいいのではないでしょうか?

つまり最初から奉仕の心でいれば、安く買い叩かれても大して腹は立たないだろうという、精神面での自己防衛です。

打たれ弱い心を守る言い訳を用意しつつ、ブックオフオンラインが1月8日~10日に買い取りのキャンペーンを行っていたので、そこに合わせて書籍を処分することに。
去年の年末に起こした「古本大量買い事件」の際に段ボールで荷物が届いたので、それを再利用という形で使用しました。再利用するとその段ボールを50円で買い取ってくれるんです、使わない手はないですよね。

ブックオフオンラインの買い取りは送料・手数料無料。ただし合計30点以上ないと買い取りしてもらえません。とは言っても書籍やCD・DVD、ゲームなどを含めた合計数なので、そんなに難しい条件ではないと思います。

条件を満たしているかどうか確かめるべく、まずは段ボールに売る予定の書籍を詰め込んでみました。すると余裕の30冊超です。寧ろ段ボールが耐えられるのか、そちらの方が不安になってきました。

持ち上げたら段ボールがミシッと言ったような……き、気のせい気のせい!

段ボール内に隙間がある場合は、新聞紙をクシャッと丸めて緩衝材代わりに詰めておきましょう。割れ物の梱包でよく使われる、透明のプチプチシートだと尚良し。

条件をクリアできたたら、サイトから買い取りの申し込みをします。
勿論要ログイン。私は元々ブックオフオンラインの会員ですし、集荷先(荷物を取りに来てもらう場所)を変更する必要もないので、入力することと言ったら代金を振り込んでもらう銀行口座ぐらい。これも二回目なら必要なくなるんですよね。そう考えるとかなり気軽に申し込める仕組みなんだなーと、ちょっと感心。

荷物を受け取りにくる日時はこちらが指定できます。日曜日でも頼めるのは有り難い。時間帯に関しては、

午前 午前九時から正午
午後 正午から午後四時
夕方 午後四時から午後九時

の三種類から選べる仕様。ちなみに午前は混むらしい。

箱数は自分が売り払う書籍を詰めたダンボールの数を入力。申込後に変更すると要らぬ手間が増えるので、ここで決めておきたい。

後は「買取後の承認をどうするか」、「値段が付かない商品をどうするか」の選択がそれぞれ二種類あるので、自分が好きな方を選びます。私は手っ取り早く済ませたいので「買い取りの計算後、すぐにお支払い(自動承認)」と、要らない物が戻ってきてもそれはそれで困るので「当センターでの引取りを希望する(商品は返却致しません)」にしました。

全てを入力し終えたら、手続きを終えて買取申し込みを完了させて下さい。すると買取確認票なるページが表示され、「集荷前にこの画面を印刷して、集荷する段ボール全てにその紙を入れてね」という感じの説明が。

困ったことに私、プリンターを持っていません。

「プリンターを持たない貧乏人は売るなというのか!?」と思いそうになりますが、そこはそれ、持ってない人用の方法も書いてあります。

適当な紙に

・買取受付番号(Zから始まる数字)
・箱数
・署名(サイン)

を記述し、その紙を集荷する段ボールに入れる。

私は余っていたレポート用紙を利用しましたが、紙の種類はなんでもいいそうです。ただ小さ過ぎると段ボールの中で行方不明になりそうな気も……。

そんなこんなで買い取りを申し込み、段ボールに所定の紙を入れたら、段ボールを梱包して終わりです。後は集荷の日を待つばかり。伝票は集荷する配送業者さんが用意しているので、やる事は段ボールを渡すだけ。

重みでたわんだ段ボールがちと不安でしたが、計算結果は荷物を送り出して一週間程度で出ました。メールで「計算終わったよー」というのが届くので、ブックオフオンラインのサイトにログインして、計算結果を見るなりして下さい。
私は自動承認を選んだので、代金が幾らになったかを見に行くだけとなります。後から承認する方を選んだ人は、この時点で承認するかを選ぶみたいですね。

奉仕の精神で買い取りを頼んだからこそ得られる妙な充足感にまったりと浸りつつ、私の初ネット買い取りは無事終わりました。

寒さに震えつつ近所のブックオフまで歩いて行って売却していたのに、オンライン買い取りを頼んだら、全てが家の中で完結ですよ。振り込み口座はネット銀行だから、入金を確かめる為に外へ出る必要すらない。

……手軽に利用出来るのは大変有り難いんですが、自分がどんどん堕落していくようでもあって、微妙に複雑ですね。

ブックオフオンライン

ブックオフオンラインで1月22日~24日に買い取りをお願いした人は、もれなく500円分のお買い物券がもらえるそうです。
しかもCD・DVD・ゲームは通常買い取り価格に20%プラス。
ただしお買い物券は全国のブックオフで利用できますが、ブックオフオンラインでは利用できません……って、それはどうなの。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/109-88cfc8af
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん