キラ、再び。

作品名■DEATH NOTE ~後継者の月光~(完結)
掲載場所■Arcadia
作者名■思いつき人
原作名■DEATH NOTE
ジャンル■原作アフター
作品やキャラへの溢れる愛情から、あるいは不満や矛盾を解消する為に自ら筆を取り……と、二次創作小説を書く理由は様々です。しかし何作も読み進めていくうちに、皆さんもお気付きになったのではないでしょうか?

二次創作小説は、特定の作品に偏り気味だと。

これはある意味、仕方ない話ではあるのです。漫画であれアニメであれ、多少の設定改変やオリキャラを入れても違和感なく話を進められる世界観と、それが非常に難しい世界観があります。
前者ならば二次創作小説の題材として選ばれやすいですが、後者ならよほどその作品への愛情があるか、もしくはその作品でなければ成立しない内容なのか、どちらにしても書き手もなかなか手を出してくれません。

そんな現状でこの「DEATH NOTE ~後継者の月光~」は、とても珍しい作品と言えるのではないでしょうか?

原作は心理戦や頭脳戦を重視した内容の「DEATH NOTE」。一般向けの二次創作としては、とても珍しい題材です。しかも完結した作品のその後をオリジナル展開で描いている、所謂「原作アフター物」に当たります。

何より一番凄いのは、長編であり完結しているという事実でしょう。

キラ事件が終結して十三年。
突如として復活を宣言し、Lへと宣戦布告する『キラ』。
死んだ筈の夜神ライトは生きていた。

『死神』として。

ミサとの間に生まれた子供達と共にキラ教団を操り、かつてライト……キラを追い詰めたL達をも巻き込み、彼は一体何を成すのか?


正直「DEATH NOTE」でここまできちんとした長編が読めるとは思わなかったので、初めて読んだ時はかなり吃驚しました。いや、ぶっちゃけ相当やり辛いジャンルだと思うんですよ、ファンの人が容赦なくツッコミ入れてきそうですし。

原作後設定というのもあって、原作キャラ以外にオリキャラも多く出てきますが、上手く原作の雰囲気を出していると思います。

正義は再び純なる悪である『キラ』を倒すのか。死神となったライトが『L』達を見事出し抜くのか。彼等の攻防は、読んでいるこちらもマウスを握る手に力が入ってしまうほどの読み応えです。

「DEATH NOTEは第一部で終わっておけば神作だった」というキラ様派な方は、大変美味しゅうございます的な内容だと思いますよ。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/110-b114fb33
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん