「音楽は大衆娯楽」という、夢想。

おごれる人も久しからず、なんて。
日本レコード協会が出した分析に関する記事を読みました。

「YouTubeやニコ動が音楽購入の阻害要因にも」日本レコード協会が分析 -INTERNET Watch


相変わらず「無料動画サイトが悪い」と主張していますが、私の目には音楽という存在が本来の形に戻りつつあるだけのように思えます。

沢山ある娯楽の中の一つとして。

CDを購入する人は、購買意欲があるだけのこと。それをしなくなった大半の人は、単に「音楽に対する購買意欲が元々低い」だけ。

人の財布は無限ではありません。しかも今は不況。限られた予算内でやりくりするのですから、優先順位が低い物は切り捨てられてしまう。そういう時に早々と削られる、音楽好き以外にとってそういう存在なのです、音楽は。

しかしこういう音楽業界の方々は、何時までお山の大将的な目線で消費者を見下ろしているつもりなんでしょうかね? 娯楽は多様化しています。音楽はその中の一つに過ぎないことを、そろそろ自覚すべきです。

大衆娯楽面をするのは勝手ですが、消費者が離れていくことを「YouTubeやニコ動」の所為だと喚くのはやめてもらいたい。「買う人が減ってしまった」のではなく、「本当に好きな人しか買わなくなった」だけじゃないですか。

CDを 買わなくなったと 愚痴るけど 文句があるなら 不況に言え

日本レコード協会さん、財源もないのにバラマキをして借金を増やすような政権とは違うんですよ、我々は……。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/139-cc4d3b49
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん