過去があっての今がある。それはゲーム機も同じこと。

作品名■やるやらで学ぶゲームの歴史
掲載場所■泳ぐやる夫シアター 学ぶ系 やるやらで学ぶゲームの歴史
原作名■(ゲーム関係の資料や書籍を元にしている)
ゲームの歴史を振り返る動画を見ていたら、これを思い出しました。

物事には全て歴史があるわけですが、この作品で語られているのはほんの数十年の話。なのに濃い、濃すぎるほどに激動の歴史であったことは、リアルタイムで経験した世代には感慨深いものがありますね。

どんな歴史でも始まりの時代の試行錯誤や飛躍していく過程は、泥臭いけど輝きに満ち溢れているのも確かです。こういった道を切り開いた方々の努力によって、我々は気軽に楽しくゲームができる環境を得られていることを、決して忘れてはいけないと思います。

堅苦しく学ぶのは苦手な方でも、やる夫系なので肩を抜いて気楽に読めますよ。

ハードを作った会社だけでなく、それらの抗争に関わることとなるソフト会社が辿る歴史もなかなかに興味深いです。スクウェアは映画がいかんかったんや……。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/233-7a8e0753
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん