ゲーム機大戦の続きがキター!

次世代ゲーム機戦争、ついに決着。
ゲーム機の歴史を面白動画にして振り返る「ゲーム機大戦」ですが、とうとう続編の第四次編が登場しました! テンション上がるぜ!

【ニコニコ動画】第4次 ゲーム機大戦

ファミコン誕生

新ハード続々の乱世

次世代ハード機戦争勃発

スーパーファミコン出る出る詐欺

何処も決定打が出せない混迷期←今回はここら辺

内容としては概ねこんな感じです。

出る出る詐欺に始まり、
携帯ゲーム機という搦め手をも駆使し、
とうとう次世代ハード機の勝利者となった任天堂。

だが、勝利の美酒に酔いしれる彼等は忘れていた。
「驕れる者久しからず」という、『盛者必衰の理』を。

ゲーム機の黄金時代とも言える、華やかなゲーム業界。

しかしその裏側では復讐の炎に身を焦がし、
後の任天堂に大きな障害として立ちはだかる、
ラスボス級ゲーム機が誕生しようとしていた……。


この時代は色々とハードは出ていても、任天堂がほぼ一人勝ちっぽかったなぁ。ディスクシステムとかバーチャルベーシックやらその他色々、かなり迷走していた部分もあったのに他社にトップを譲らなかったんですから、相当な戦闘力を持っていたと言っても過言ではないでしょう。今はともかくとして。

しかしそれ故の驕りが、王者陥落への布石となってしまったわけですね。

ラスボス誕生を予感させる、動画の次回への振りが大いに気になるところです。ついに、ついに奴が、初代は灰色・二代目は黒、「黒は負けハード」という定説を唯一覆したあのハードが満を持しての登場だ!

とはいえどんな時代にも徒花を咲かせるセガさんの存在も忘れてはいけません。次回だとサターン時代ですかね。せがた三四郎とか懐かし過ぎる。

NECは個人的にかなり惜しかった気がします。価格やCD-ROMに関する戦略を最初から読み違えなければ、きっと任天堂と互角に渡り合えた。ゲーム機とパソコンの違いを理解しているようでしてなかったんだろうなぁ。

……そして歴史にifはない、とは言いますが。

もし任天堂があの会社を裏切らずに、強固な協力体制を敷いていたら。
少なくとも我々は、どちらのハードを買うか悩まずに済んだんですよね。作る側だって苦労は減った筈。

しかもマリオやゼルダを生み出した任天堂の豊富なコンテンツに、あのハードを生んだ会社の技術力がマッスルドッキングですよ! 想像するだけで胸熱じゃないですか!

今となってはあり得ないとはいえ、「そんな『もしも』な世界だったらどんなゲームが生まれていたのだろう?」と、少しばかり物思いにふける夏の夜なのでした。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/234-49e1f90f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん