つまり(気分的な意味で)与作である。

伐採は浪漫。へいへいほー。
前日のこれ↓からお察しの通り、「ファンタジーライフ」絶賛プレイ中です。
年末だし(ゲーム購入的な意味で)冒険してもいい頃。 - へっぽこデジタル生活

スタートすると最初に自分の分身となるアバターを作成するわけですが、性別・体型・顔のパーツや肌の色と、色々と選択できるので、人によってはここで相当の時間を食うかと思われます。私も三十分ぐらいかかりました。

性別を選べるゲームでは最初に男主人公を選ぶのが私のジャスティスなので、今回も男性キャラで始めてみました。名前は「ヨースケ」で。

……陽介?
いいえ、ヨースケです。


初期ライフ(職業)は「木こり」。「木こりの衣装が一番可愛かったから」という、かなりしょうもない理由でこうなりました。すまぬ、すまぬヨースケ……お前を動かす私が一番ガッカリだったよ……。

話はメインストーリーと、ライフ毎のサブストーリーがある模様。メインが進むと行ける場所も徐々に増えますが、敵と戦う機会も増えてきます。ただし序盤はチュートリアルみたいなものなので、転職やクエストなどの各システムが解禁されるぐらいまでサクサク話を進めて良いかと。

ライフ(職業)は転職可能で、転職しても転職前に習得したスキルなどは消えずに利用できるそうです。なので効率を考えたら、早いうちに転職を繰り返してしまう方が断然良い。

何しろフィールド上にある伐採できる樹木も、木こりの「伐採スキル」と「斧」がなければ指を加えて見ていることしかできません。鉱石や魚も然り。

だがあえて言おう。
「効率など知ったことか」と。

なので数時間プレイしていますが、未だ転職もせずアイテム拾いに勤しんだり伐採して木材を貯めて売り払ってみたりと、気ままな木こりライフを満喫中です。「このまま木こりオンリープレイで行けるとこまでいったらぁ! 世界中にある希少な樹木、根こそぎ伐採してやんよ!」という心意気で頑張ります。

でも木材繋がりで大工に心惹かれるものが。悩ましい……だがそれも又楽し。

伐採も単に斧を振るうだけではなく、気合を貯めて大きく打ち込む技があったり、斧を入れる位置によって樹木に与えるダメージに差が出るとか、地味に凝ってる。敵が近くにいる場所で斧を振るうスリルもなかなか。

あとゲーム内で自室に家具を配置したり、服を着替えさせたりもできます。ちなみにタータン柄のアイテムでヨースケをコーディネートしてみたら、見た目がバグパイプの奏者っぽくなってた。うむ、これはこれで可愛いぞ。

とはいえ服や家具を集めるとなるとそれ相応のお金がかかるので、自分で制作できる裁縫師や大工などに転職するが吉。それと家具類は部屋に飾って自己満足する為の物ですので、パラメーターに影響のある服装類を優先するべし。

発売日に特攻したのでどうなることやらと内心ビクビクしていたものの、蓋を開けて見れば意外と良作……かも? 始めて数時間での感想なので、この後どう感じるかは分かりませんが、少なくとも年末年始はまったり遊べそう。私の財布から旅立って行った英世さん達も浮かばれそうです。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/326-17a037af
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん