小物? 悪役? いいえただのイケメン(笑)主人公です。

作品名■ハルジオン~口だけ野郎一代記~
掲載場所■小説を読もう!
作者名■曖昧
原作名■オリジナル
ジャンル■勘違い
現代なのに、剣と魔法なファンタジー要素もある世界。

冒険者学校へと入学した春風紫苑は、
振り分け試験でのアクシデントで初めての仲間を全て失った。

しかし悲しみくれる暇もなく冷静さと分析力を買われ、
Aクラス入りさせられてしまう。

本来なら決して入れないエリートクラス。
実力者ながら個性が強すぎるクラスメイト。
次から次へと起こるトラブルの嵐。
そして……立ちまくる恋愛フラグ!?


※嘘は言ってません。ホントダヨ?

実力的には他より劣るが、難局を切り抜けるだけの度胸と頭脳を持ち合わせ、誠実かつ真面目。どう考えてもハーレム系主人公です、本当にありが(以下略)。寧ろハーレムができない方がおかしいレベルの好青年。

実はとんだクズ野郎なんですけどね!

姑息なキャラというのはどんな作品にも一人は出てきますし、主人公が保身に走って策を弄するという展開だって、珍しいことではありません。ゲス思考の主人公が活躍する話だってあるわけですし。

しかしこの主人公は違います。周りを騙すなら、多少なりとも感じるであろう罪悪感がまるでない。常にネガティブシンキング、他者を見下し妬みまくっているのに、それを鉄壁のポーカーフェイスで誤魔化しつつ、常に自分が周囲から良い評価を得られるよう立ち回る。保身の為なら仲間を売ることさえしかねない。寧ろ喜んで差し出してしまうであろう。そんな如何ともし難いクズです。

当初、養殖物(何か辛い過去があった結果のクズ)なのかと思っていたのですが、ところがどっこい、亡くなったとはいえ両親はまともだし、大切に育てられていた天然物(生まれながらのクズ)だから恐ろしい。

話の流れやセリフだけ見ていると、実にライトノベルらしい展開なんですよ。随所に入ってくる主人公の心の声とかで台無しになってはいますが。

周囲との激しすぎる温度差を味わうのも、醍醐味の一つです。多分。

保身に走れば走るほど評価が上がり、結果として深みにハマっていく面白さよ……羨ましくもない地雷女ハーレムが出来上がっていく様は、一読の価値があります。みんな大好き、主人公の必殺技「ハイパー保身タイム」もね!

読みながら一度は「ほんとブレねぇなこいつwww」と言いたくなる、そんな愉快な作品です。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/367-dad91035
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん