スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた「foobar2000」忘備録、UI Hacks編。

固定サイズとか……浪漫やん?
やっぱりね、長く使っているうちに「ん?」と思ったりしてくるんですよ、でも再カスタマイズするほどかというとそうでもない。故にそのまま。

そんな家畜の安寧的な現状をアンイストールという行為で打破したわけですが、一からパネル設置し直しをするという、非情な現実があるわけで。

しかし大丈夫! こんなこともあろうかと、今回は「適度にコンパクトでシンプル」を目標にしましたからね! 何という手抜き感!

でも現実問題として、foobar2000をいちいちフルスクリーンで使う必要があるのかというと、特にないんですよね。適当な大きさで充分ですし、ぶっちゃけボタンでパネルを切り替えるの面倒臭い……。

そんなわけで今回は「800×600」サイズ固定でいきます。

ミニサイズと言うには大きいし、大きな……というほどのサイズでもない。そんな中途半端なサイズですが、何というかティンときました。

謎めいた私の思考回路はさておき、とりあえず前回表記したコンポーネントをfoobar2000にぶっ込みましょう。話はそれからです。

この記事続「foobar2000」忘備録的なもの。 - へっぽこデジタル生活でも触れていますが、

foo_*.dll
foo_*.zip

だけでなく、現在は

fb2k-component

という拡張子もあります。

拡張子の名前が違うだけのzipファイルだそうですので、中身が見たい場合はzipに変換すればいい模様。

fb2k-componentファイルはファイルが本体と関連付けられている場合、ファイルをダブルクリックするとfoobar2000が起動して自動インストールされます。初めての時は結構ビビリました。関連付けられていない場合は、foobar2000本体が起動中にダブルクリックすればインストール可能です。

小難しいことは分からない人は、File→Preference→Componentsでコンポーネントが一覧されているページを開いて、画面にファイルを放り込んで下さい。foo_*.dll、foo_*.zipも同様に。するとあら不思議。「user-components」にコンポーネントが入ったフォルダが作られている、というわけです。

それとUI Hacksはインストール後にFile→Preference→Portabilityを選択し、別途DLLを入れておかないと、全機能が使えないそうな。お忘れなきよう。

漸く一通りの下準備ができたら、まずは画面サイズの固定です。

File→Preference→Main Windowで、UI Hacksの設定画面を開きます。色々と設定はありますが、Generalの「Caption style」はNormalのままにしておいて下さい。

実は最終的にHiddenにするんですが、それは必要な設定などが終わってから、最後の最後です。この設定はウィンドウの縮小や終了ボタンがある部分、つまりタイトルバーの設定なんですよ。消しても絶望的に困るわけではないんですが、とりあえずは利便性を考え後回しにしておきます。

Constraintsという部分を見て下さい。ここがサイズ関係の設定です。まずは「Minimum size」と「Maximum size」にチェックを入れ、幅と高さを入力しましょう。面倒な人は数字を入力する横にある「<」ボタンを押すと、現在のウィンドウの幅や高さが自動的に入力されます。

それと

Disable window sizing
ウィンドウのサイズ変更無効

Disable window maximization
ウィンドウの最大化無効

この二つにもチェックを。

「Disable window maximization」のみでいい気もするんですが、「Disable window sizing」にもチェックを入れておかないと、画面の端にカーソルを当てた時、動かせないのに画面の拡大縮小用の矢印が出るんですよね。

とりあえずはこれだけです。他のUI Hacks設定に関しては、foobar2000 Wiki*に設定画面付きで詳しい説明がありますので、そちらをどうぞ。

これで画面は固定サイズとなりました。

でも後々、これがPanel Stack Splitterで表示した「最小化」ボタンが働かないという事態を引き起こすわけです。サイズ固定したのが駄目なのかと思い、チェックボタンを外してみたりもしたんですが、全く改善せず。どうしたもんだ。

仕方ないのでGeneralの「Esc key function」をHideにしてみたわけですが、「タスクバーをポチポチっとクリックすれば格納されるから別にいいか」と気付き、悩んだ自分の徒労っぷりに切なくなりました。

私の長続きしないシリアス展開はさておき、画面サイズとは関係ないですが、UI Hacksの機能に「インストールしていないフォントを利用できる」というのがあります。一つのソフトの為にフォントをインストールするのに抵抗のある人も多いでしょうし、ポータブル版の利用者でも使える機能です、皆さんのテンションも上がるのではないでしょうか?

私? 滾るに決まってるじゃないですか!

折角の機会です。通常で使うには難しい感じのフォントを選んでみてもいいですね。一つとは言わず幾つも使えるのも良きかな、良きかな。

やり方は至って簡単。ソフト本体(foobar2000.exe)があるフォルダの中に、「Fonts」フォルダーを作り、その中に使いたいフォントを投入します。そしてfoobar2000再起動。File→Preference→UI Hacksを開き、「Fonts autoloading」の右側に、「X(入れたフォント数) fonts loaded」と表示されていれば、晴れて使用可能です。

かつて他のソフトの為に、フォントをパソ吉にインストールするかどうか延々と迷った、あの心の葛藤とは一体なんだったのか……。

そんな世の無常を感じつつ、前回カスタマイズと同様に大切な教訓を書き残し、帰ってきた「foobar2000」忘備録、次回へと続きます。

コンフィグ画面を開くにはキーボードショートカットで「Ctrl+P」。

これで勝つる……!
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/372-047ed38b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。