スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた「foobar2000」忘備録、Panel Stack Splitter序盤戦。

もし忘備録が途絶えたら、パソ吉さんが遠いお空の星になったと思って下さい。そろそろヤバイぞこやつめ……。
最初からクライマックスな仕様となっております。そんなわけで完成図です。普段は透過を230ぐらいにしているんですが、キャプチャ用に不透過中。


再カスタマイズ完成図
画像クリックで元の大きさの画像が見られます。


てぬ……いえ、シンプルさを心掛けた結果です。前回と似ている? ハハッ、ソンナワケナイジャナイカ(棒)

そっと目を逸らしつつレイアウトもどーん。

今回のレイアウト


前回と比べてスッキリ感が半端ないですね。そう、時代は省エネ。

ベースとは別にPanel Stack Splitterが二つ使われていますが、これはEsPlaylistに背景画像を透過させるつもりで別々のPanel Stack Splitterにしたものの、結局は意味のない物になりました。

背景画像を使わないという人は、ベースのPanel Stack Splitterに直接EsPlaylistとLibrary Treeを配置しても大丈夫です。とはいえ後から気が変わることもあるでしょう。私も最初は背景画像を使っていました。が、文字の見辛さには勝てなかったよ……。

萌えより視認性重視。
PC用メガネが本気で欲しい、
そんな年頃です。


さて、前回に引き続いて無双するPanel Stack Splitterについては、

「foobar2000」忘備録、Panel Stack Splitter編その1。 - へっぽこデジタル生活
「foobar2000」忘備録、Panel Stack Splitter編その2。 - へっぽこデジタル生活
「foobar2000」忘備録、Panel Stack Splitter編その3。 - へっぽこデジタル生活
「foobar2000」忘備録、Panel Stack Splitter編その4。 - へっぽこデジタル生活

こちらに詳しい説明がありますので、初見さんはまずこちらをどうぞ。やることの基本は前回と同じですので。

まずWSH Panel Modは後回しにして、先にEsPlaylist、Library Tree、Playlist Tabを設置していきます。要らないパネルはどんどん消し、Preferences→Display→Columns UI→「Layout」で、必要なパネルをどんどこぶっ込んで下さい。

入れたら画面がすごい状態になっていますが、慌てず騒がず「Panel Stack Splitter」の上で右クリック→「splitter Settings」で、

Playlist tabs
left : $sub(%_width%,800)
Top : $sub(%_height%,130)
Width : $sub(%_width%,0)
height : $sub(%_height%,580)

Panel Stack Splitter01
left : $sub(%_width%,800)
Top : $sub(%_height%,480)
Width : $sub(%_width%,280)
height : $sub(%_height%,250)

Panel Stack Splitter02
left : $sub(%_width%,280)
Top : $sub(%_height%,480)
Width : $sub(%_width%,520)
height : $sub(%_height%,250)

こんな感じでコンポーネントの数値を入力しましょう。

はい、ここで復習です。前回でも大活躍の関数、$sub(a,b)は、

$sub(a,b)
aからbを引く

という意味ですね。覚えてました?

忘れていた方は、焦らずtitle formatting referenceを再読しましょう。私はどうだったかって? スポンジ並みの記憶力しかない人間ですよ? 答えるまでもないじゃないですかーやだー。

%_width%はウィンドウの横幅、%_height%はウィンドウの縦幅です。今回のウィンドウサイズは完全固定なので、

%_width%=800
%_height%=600

になります。だから例えばPlaylist tabsだと、

left : $sub(%_width%,800)

は、

左  800-800=0

という意味です。そして横幅は

Width : $sub(%_width%,0)

幅  800-0=800

ですから、Playlist tabsの始点が「0」、幅は「800」となり、ウィンドウズの横幅いっぱいにコンポーネントを広げているのが分かります。

今回はサイズ完全固定なので、数値を可変対応させる必要はありません。ちまちました計算が面倒なら、そのまま800や0と入れても構いません。固定サイズの良さはそこですね。見た目の崩れとか気にしなくていい……楽だわー……。

おっと、これを忘れたら駄目ですね!
必ず「Forced layout」と「Lock size」にチェックを入れて下さい。

Panel Stack Splitter01とPanel Stack Splitter02は、それぞれ一つだけしかコンポーネントが置かれていないので、Splitterの上に乗っかっている各コンポーネントのサイズ指定は要りません。

ただPaddingの数値は全て0にしておくと良いです。どうやら「Enble Padding settings」にチェックしていなくても、影響があるっぽいので。

前回と違ってPlaylist tabsを配置しているのは、前回殆どプレイリストを利用しなかったという反省点から。Library Treeが便利すぎるのが敗因です。そこら辺の話なども後々の忘備録で語りたいですね。

次回はボタン配置編ですが、前回のカスタマイズ時に殆ど説明したようなものなので、今回といい、そんなに書くことがないような?
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://dejiseikatu.blog77.fc2.com/tb.php/373-7f79bff4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

サイト内検索

月別アーカイブ

07  02  11  10  05  04  03  02  12  11  10  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

スピーカー。

利用してる所とか。

ネットで買い物するなら。



ここで古本買ってます。 ブックオフオンライン

QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

番頭はん

Author:番頭はん
腐女子なのに時々それを忘れる駄目オタク。
一日に二杯の珈琲を与えないと、目に見えて機嫌が悪くなる。
このサイトについて

ランキングに参加中。

人気ブログランキングへ

メールで連絡を取りたい方はこちらからどうぞ。

Amazon検索

カテゴリ

ユーザータグ

お世話になってます。



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

最新コメント

最新トラックバック

Copyright © 番頭はん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。